2015年01月04日

男女の喧嘩における考え方の違い

男性と女性はけんかの時の対処の仕方が違います。

男性はけんかをすると黙り込むことが多いのに対して女性は思っていることをすべて言葉で発散する傾向がみられます。これは男女の性質による違いからくるものですがその対応の差から男性はなぜ女性はこんなに文句を言うのだと不満を抱え女性は男性は何も意見を言わないと不満を抱えることにつながるので関係を修復できない状態まで追い込むこともありとても危険です。

なぜ男性が喧嘩をすると黙ってしまうのかというと、コミュニケーション能力で優れる女性に対して男性が口論をしようとしても勝てないことが多いからです。それに対して女性は感情を中心にした思考で生きているため自分の思っていることをすべて言ってしまう傾向が強く出ます。感情で話している女性と理論的に考えている男性では口論しても良い結果は生まれません。また女性は相手に言葉を伝えた後に気持ちの整理をつけていますが男性は相手の言ったことに対しての不満を抱えたままだということも後々大きな問題となる原因になります。

男性というのは理論的な考え方をするようにできているので女性が感情的にする話に対して意見をすると二人の溝はどんどん深まるということバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)になります。けんかをうまく回避するにはまずけんかをしないようにすること、次にけんかになったらお互いが冷静になって話あえる状況で話をしましょう。それ以外の状況で話をすれば修復困難な関係に陥ることも覚悟をしてください。
posted by ニセハカセ at 14:55| 日記