2014年12月03日

男と女の付き合いが難しい理由

男と女の付き合いにはいろいろな問題がつきまといます。同性同士なら簡単に分かり合えることが異性になると難しくなるのは男と女がまったく異なる性質を持っているからです。

男性は1つのことに集中できるのに対して複数の物事を同時進行することが苦手です。女性はマルチタスクが得意な代わりに男性ほど集中力がない傾向がみられます。このような男女の違いは太古からの生活様式に影響を受けて発達したものですがお互いの特性の違いは相互の理解不足を生むことがあります。

例えば男性ができることを女性ができなかったり、女性ができることを男性ができないと相手に対してなぜ同じようにできないのかと不満を持ってしまうことにつながりますダッシュ(走り出すさま)しかし、この違いは男女の性質からくるものなので相手に不満を持つことが間違いです。

恋愛面でうまく付き合っていくには相手を許せるだけの広い心を持つことが重要です。恋愛においては理屈だけでは解決できないこともあるのでそういう時こそ人の本質が問われていると言えるでしょうひらめき
posted by ニセハカセ at 15:34| 男性と女性

2014年09月12日

男と女の恋に関する意識の相違点

男と女は恋愛に対する意識が異なります。男は自分のDNAを残すために多くの種と交わることを望みます。女は確実にDNAを残すために安全な環境を望みます。

この二つの求めるものの差が男女の恋愛に顕著な影響を与えています。

男は多くの種と交わりたいがために浮気をする傾向が強くなり、女は安全な環境を求めるために相手に対しての束縛を強くするのです。恋愛が難しく感じる原因はこの点にあります。双方が求めるものが異なればこそ問題は発生しやすくなりそれが恋愛の難しさと直結しているのです。

男性でも女性的趣向がある男性や女性でも男性的趣向がみられる女性もいます。すべての男女がこの方式にあてはまるわけではありませんが多くの男女の傾向をまとめると男と女の恋に対する意識の違いははっきりと表れます。この理論を頭に入れて恋愛に臨めば異性の脳の求めるものを素早く満たすことができるので恋愛成功確率は上がるムードと考えることができるでしょう。

posted by ニセハカセ at 20:18| 男性と女性

2014年03月17日

なぜ男女は存在するのか?

男と女がいるから世の中は難しく楽しい世界になっています。

しかしなぜ男性と女性という性別が誕生したのでしょうか。生物によっては無性生殖で子孫を残す生き物もいます。しかし、動物や人間はに別れ子孫を残すように進化をしました。

ロマンチックに考えるなら、それは神様が与えた人生への楽しみだと考えることができます。男も女も異性がいるから頑張って生活していくことができる。だから男女に分かれているんだ。気持ちはわかりますが理屈で考えると納得がいきません。理屈で考えるなら一人で繁殖できる無性生殖のほうが子孫を残せる確率は高まるので、そっちの方がいいのではないでしょうか?

では別の理由を考えてみます。

異なる男女によって生命の営みが続いていく場合には、別々の個体が交わることで新たな個体を生み出します。そうすると、個々の特性を受け継ぐことができて、単体から新たな個体を生まれるよりも強い個体が生まれる可能性が高い。病気にも強く、能力においても優れた個体が生まれればその種が繁栄する確率は高まります。それが人類が有性生殖の道を選んだ理由なのではないでしょうか。

そう考えると男と女がいるという不思議についてもなんとなく納得できます。
ほかの人の意見も見てみようとネットを調べていたらこういう解釈をしている人もいました。

男女が存在するのは生物の進化を加速させるため?

考えるのは自由です。答えはわからないからこそ考えると楽しいのです。男女の関係もまた同じですね黒ハート
posted by ニセハカセ at 19:58| Comment(0) | 男性と女性