2014年04月03日

恋愛と脳の関係

昔から女性は恋をするときれいになるぴかぴか(新しい)と言われます。女性だけでなく男性も恋をすると魅力的になります。

恋愛というのは人の心=脳が反応をして起きる感情の一つです。ここに恋愛を理屈で考える時のヒントがあります。恋愛を理解するためには、脳の働きを考えることで理解を深めることにつながります。

下のサイトでは恋愛と脳の関係を説明していました。

恋愛と脳のメカニズム

ここでは恋愛をすると人間はホルモンドーパミンが脳に分泌されて恋愛的な思考に陥るようにできていると書かれていました。
これは非常に納得がいく説明です。人間の恋愛というのは、最終的には生殖行為にいたり子孫繁栄へつなげることを主な目的にしています。そこで人間の脳は本能的に子孫を残すために魅力的な異性を見つけると反応するようにできているのだと考えることができます。また、魅力的な異性を見つけた時にホルモンを分泌して自分を魅力的に映すことも相手をひきつけるために動物がもつ本能的な反応のひとつだと考えれます。

今回紹介した説明には「恋愛は人間固有の脳の働き」だと説明されていましたが、人間の恋愛のように高度なレベルではなくても、小動物なども同じような脳の働きは持っていると考えられます。
魅力的な個体を見つけると雄が雌にアプローチをする動物はたくさんいます。こういう行動は、恋愛の元になる生き物の原始的な行動だと考えることができます。
posted by ニセハカセ at 14:52| Comment(0) | 恋愛論

2014年03月24日

恋するメカニズム

人が恋をするのは何故でしょうか?世の中には恋の仕方がわからないと嘆く人もいます。

では何故人は恋をするのでしょうか。恋心というのは相手を思う気持ちです。それはきれいごとを言えば「愛黒ハートという言葉になります。人は生まれてから親からの無償の「愛」を受けて育ちます。そして、人は無償の「愛」をくれる人を好きになる傾向があります。これは気持ちの上でのメカニズムです。

肉体的な恋するメカニズムは「遺伝子」によるものになります。人は生存競争に勝つことを本能的に求めていて、優れた遺伝子を欲しています。女性がイケメン、男性が美しい女性に弱いのは容姿が淡麗なことは優れた遺伝子=健康的な遺伝子を持っている可能性が高いことを示していることを本能で感じ取っているからです。

本能的な欲求は性欲として相手を求めることにつながります。身体的能力、知的能力の高い人間に対して惹かれるのはこういった本能による影響が強いと考えられます。

理屈から考えると人は本能に基づいた欲望に従い相手を求めることを「恋」と呼んでいることになりますが、人間には理性があり上のような感情が複雑に絡み合って恋心というものが生まれているのです。だから男女の「恋愛」は難しいのです。
posted by ニセハカセ at 16:10| Comment(0) | 恋愛論